金融データ基盤技術

XML化の先に待つインパクト

金融EDIによって、会計データや取引データなどが日本でXML化される流れは決まりました。あわせて、企業が結ぶ契約書の内容もXMLの変換技術を使ってすべてXML化された場合には、すべての取引情報や契約書の内容の連携が可能となります。これにより、AIやビッグデータによる分析の精度が大きく向上します。データテック社の金融データ基盤技術で金融業界のデータの利活用が劇的に変化し、日本の経済政策の助けとなることを目標にしています。

 日本のフィンテック企業がサービスを開発するにはハードルが高い

現状、日本のフィンテック企業がサービスを開発するにはハードルが高いのが課題です。
まず第一に、もし仮に銀行サービス自体を行う場合には取得ハードルの高い金融系の免許を取得しなくてはならず、多くのベンチャー企業にとって現実的な選択肢ではありません。そこで、多くの企業は各銀行が既に用意している開発者向けサービスを利用したいと考えますが、以下の課題が存在します。

  • 開発者向けサービスやAPIを用意している銀行が少ない

  • 各銀行のAPI仕様が違うため、開発効率があがらない

  • 網羅的なサービスを行うには各銀行と個別交渉が必要なため、数年単位の時間がかかる様

このまま日本国内で競争を行っている間に、日本国内のユーザーの利便性が損なわれるばかりか、最悪なケースとして、海外の優れたフィンテックサービスが黒船のように入ってくる可能性も否定できません。

フィンテック企業を支援する新しいプラットフォーム

全銀協に参加する銀行が簡易に参加できる、日本国内のフィンテック企業を支援する新しいプラットフォームが必要です。

日本初の金融共同APIプラットフォーム

APIbank FAP(Fintech API Platform)設立

  • 全銀協の各銀行が参加する共同APIプラットフォーム
  • 基本的な5つのサービスAPIと認証/管理APIを提供
  • 事前のテストが可能なインフラストラクチャ
  • 国際規格FAPIに対応し、セキュリティを強化した認証基盤
  • フィンテック企業をサポート

提供される機能と共同プラットフォームの三方良しメリット

提供される機能

国際規格にそったオープンAPI

サービスAPI

  1. 残高照会API
  2. 取引照会API
  3. 失効口座照会API
  4. 入金API
  5. 出金API

認証/管理API

  1. ユーザー認証API
  2. 管理API

フィンテック開発者支援

テスト機能

開発者向けサイト

国内サーバーのセキュアなインフラストラクチャ

メリット

銀行側

  1. APIの仕様が標準化されるため、システム構築コストが下がる
  2. 利用しているフィンテック企業の大規模な成功によるAPI収益アップ
  3. より複雑な要求には個別APIを提供すればより収益化が見込める

フィンテック企業側

  1. 開発段階で各行に個別交渉することなく便利に開発が可能
  2. 各行共通コードで開発できるため開発効率が格段によくなる
  3. 各行に口座がある多様なユーザーに対しサービス提供できる

社会

  1. 各国民ごとに最適化された細やかなテックサービスの提供
  2. 日本のフィンテック国際競争力の強化
  3. 地銀も含め、一社に独占されない日本社会全体の発展

システム利用イメージ図

様々なサービスを提供するフィンテック企業が参加銀行のサービスをより簡単に利用可能に

ユーザー利用イメージ

メリット

ホームページから誰でも簡単に登録
テスト開発は誰でも可能(サンドボックスを使用)

本番利用時

企業情報など利用審査あり
システムのセキュリティチェックなどを経て利用可能に