BlockChain基盤技術の活用

XML変換技術により生成した膨大なデータを、データベース不要で保存可能なブロックチェーン基盤のシステムを構築

データの格納場所も時代の変遷ともに技術が進み変わってきています。過去は、自社サーバーに保存されていたデータがクラウドへ移動するようになりましたが、今後は、ブロックチェーンで管理されるデータが増えていくようになるでしょう。ブロックチェーンでデータを管理するためには、ブロックチェーン基盤技術を活用していく必要があります。

膨大なデータをどこに保存するのか?

データ保存場所の変遷

データの保存場所は、過去は、社内サーバーなどでしたが、現在は、クラウドが主流の保管場所へと変わってきましたが、未来は、ブロックチェーンで管理されるようにと変遷をしていくでしょう。

XMLとブロックチェーンの融合

XMLデータをブロックチェーンに自動的に書き込めるブロックチェーン基盤技術を活用して、データを効率良くブロックチェーンで管理できるように支援します。XMLによるタグ付けされたデータの進化と、BlockChainによる保存場所の技術進化が合わさることにより、XMLの変換技術で大量に生成されたXMLデータをデータベース不要で保存できるブロックチェーンに保管・管理することで保管コストがかからずに、人工知能が効率良く処理できるボロックチェーン基盤のプラットフォームを作り上げることができます。