医療データ基盤技術

医療変革への大きなポテンシャル

病院での診察情報だけでなく日ごろの健康情報やお薬手帳のデータ、母子手帳のデータなども一緒に記録することで、個人の一生の医療情報をまとめて管理することが可能になります。これらの情報を暗号化された状態でブロックチェーン上に安全に保管しつつ、AIやビッグデータで解析すれば医療費削減や医療業務の効率化など、様々な医療変革への基盤作りが可能となります。

医療データのXML化

日本の医療業界での電子カルテの普及率は約50%です。電子カルテのシステムを導入するにあたって高額の設備投資が難しい小規模の医院が多数あることや、費用対効果などが理由だと言われています。データテック社のXML変換技術でカルテ情報をXML化することができれば、各病院が独自のシステムを導入する必要がなくなる可能性があります。専用のシステムや、専用のソフトウエアさえも要らなくなるからです。XML化されたカルテ情報はクラウドあるいは、ブロックチェーン上に置かれ、パソコンやタブレット端末のWebブラウザ上であらゆる作業(作成・編集・閲覧・検索)ができるようになります。

既存の医療データベースの課題

  • データベース構築、管理が高コストでシステムのスピードが遅い

  • PDFや動画など非構造化データがAIで解析できる形に格納できない

  • システム変更が困難でデータ共有ができない共通システムがない

現状の病院システムはほとんどがRDBですが、この問題点は、コストが高く、システムのスピードが遅く、非構造化データが扱えない、システムの変更が大変というとです。そして、一番大きい問題は、データの共有ができないこと標準化されたシステムがないことです。

XMLをベースにしたシステムによる次世代の医療システム

XMLをベースにした医療システムは、既存のデータベースに格納されたデータとPDFなどの非構造化データをXMLに変換して、活用するシステムです。

 医療業務の効率化とコストダウンが可能

基本的に電子カルテの情報は使うシステムによってフォーマットが異なるため、1つの病院内(あるいは1グループ内)でしかデータ共有されていないケースがほとんどです。XMLによって電子カルテのフォーマットが統一されれば、情報の共有も簡単かつスムーズになります。
患者情報の共有における不手際が原因で医療ミスが発生するリスクも大きく軽減できます。情報の流れを促進するXMLの変換技術を活用したシステムによって、医療業務の効率アップが期待されます。効率化がすすめば、医療業界で増大が指摘される様々なコストを減らすことが可能になるでしょう。

 

既存の医療システム

 

次世代の医療システム

入力 中心 データ活用の中心
非構造化された臨床データ
(AI解析ができないデータ)
構造化された臨床情報
(AIで解析できるデータ)
ペーパーレスだけを実現したシステム
(データ活用を考慮していない)
構造化されたデータの入力をサポート
(データ活用まで考慮した入力)
ドキュメントの書式依存したシステム
(入力にスキルが必要)
コンテンツベースのシステム
(入力時にスキルを必要としない)
 

病院/クリニック

  • 紙カルテの管理
    • ・紛失、 破損リスクと保管場所
    • ・病院別の患者の記録では、連携の限界がある
  • 医療保険請求業務
    • ・時間遅延、 人手不足、 ミス
  • 診療と経営分析
    • ・時間遅延、 人手不足、 ミス
  • 短い時間に多くの患者を診断
    • ・断片的な診療となる
    • ・医療事故の可能性

病院/クリニック

  • 紙カルテによる管理の問題を解決(ペーパーレス)
  • 病院ごとの患者の記録データを連携
  • 医療保険金請求などの主要な行政処理時間の短縮
  • リアルタイム診療と経営分析
  • ビッグデータ 分析と予測
  • 知識ベースの診療環境
  • 治療方法決定サポートシステム
  • 患者教育のためのマルチメディア環境
  • 人工知能サービスの実装
  • ハッキング、 偽造・変造を防止できるブロックチェーンベースの強力なセキュリティ

患者

  • 長い待機時間
  • 理解できない規定および診療記録
  • 病院にだけあって、病院ごとに分散している診療記録
    • ・医療事故時に不利な条件
    • ・重複検査の原因
  • 不十分な 診療時間による医療事故の危険
    • ・短い診療時間
    • ・重要な情報が欠落している可能性

患者

  • 待機時間の短縮
  • 理解できる規定および診療記録
  • 診療サービスの質的向上
  • 家族の病歴の連携サービス
  • 重要な情報のセキュリティ強化と緊急通知
  • ナレッジベースの臨床判断支援システムの実装が可能となり医療事故が防止できる

医療データをブロックチェーンに書き込む

XMLの変換技術を使ったシステムを活用してXML化されたデータをブロックチェーンに書き込んでいく手法が実現できれば、患者が自身の意思で医療情報へのアクセス権を管理し、病院へ行ったときに医師は患者の同意を得て診察データをそこに書き込むことになります。
そうして更新された情報は別な病院の医師も、患者の同意を得ることで閲覧・編集ができます。医療情報の共有が非常にスムーズになります。

患者が自身の医療データを管理

日本初の金融共同APIプラットフォーム

APIbank FAP(Fintech API Platform)設立

  • 全銀協の各銀行が参加する共同APIプラットフォーム
  • 基本的な5つのサービスAPIと認証/管理APIを提供
  • 事前のテストが可能なインフラストラクチャ
  • 国際規格FAPIに対応し、セキュリティを強化した認証基盤
  • フィンテック企業をサポート